はじめしゃちょーの所属しているuuumという事務所なんですが、あなたはuuumに入る事のデメリット所属した途端につまらなくなる理由についてはご存知でしょうか?

2016-08-27_16h32_22

そんなわけで今回は、はじめしゃちょーの所属するuuumのデメリットと所属したとたんにつまらなくなる理由についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


はじめしゃちょーuuum デメリット的な

はじめしゃちょーさんの所属しているuuumではこのようなデメリットがあります。

  • 様々な制限がある
  • 提供が増える
  • 報酬の20%を毎回取られる

それぞれについて説明していきます。

 

※はじめしゃちょーの所属するuuumについてのメリットについてコチラで紹介しています。

はじめしゃちょーや他のyoutuberがuuumに入りたがる理由

色々な制限がある

はじめしゃちょーさんの所属するuuumでは、youtuber専属事務所のため、当然の如く制限や規則があります。

censorship-610101_640

その中でも有名なものを具体的に言うと

  • 著作権侵害は絶対NG
  • コンテンツ(動画)の品質を考える

等々、基本的にはyoutubeのガイドラインに従っての制限のようです。

 

著作権侵害等は完全にOUTというのは分かりますが、問題なのは動画の品質の方です。

 

このコンテンツの品質というものですが、もっと分かりやすく言うと下品な動画や、他人に迷惑をかけるような過度な動画はNGだという事です。

 

例えばどのような動画なのかイメージがわかないと思うので、あるフリーyoutuberの動画を紹介しながら説明していきます。

 

フリーで活動しているyoutuberで過激的な人の代表として挙げられるのは、(ご存知の人も多いかもしれませんが)シバターさんでしょう。

2016-08-28_16h22_22

シバターさんは、自分で独立して株式会社を立ち上げ、尚且つプロレスをしながらyoutuberとして活動して生計を立てている人です。

(独立して会社を立てたのは、恐らく節税のためだけなのでそこまで関係ない)

 

彼の動画はかなり過激なものが多い事で非常に有名です。

 

例えばこの動画

これはyoutuberの代表とも言えるHIKAKINさんの出した、マインクラフトというゲームの攻略本が余りにも酷いとの事で、シバターさんが汚物消毒という事で燃やすというものです。

 

サムネイルから見ても、かなり過激な事をやっているのは見て取れます。

 

そして、この動画の低評価数もとんでもないものとなっており、現在(2016年8月)では9000低評価とかなりの数の低評価が付いている事が分かります。

 

しかし、今となってはだいぶ落ち着いてきて、彼にもファンが付くようになってきました。

 

そのファンがコメント欄の方で、「シバターさんはuuumに入らないんですか?」なんてコメントをしているのをたまに見かけますが、これは絶対に無理でしょう。

 

uuumの規約に違反しているためそもそも不可能なのと、仮に入ろうと思ってもこのような動画をよく出しているため、入る事すらできません。

 

また、彼はそのためにフリーで活動せざるを得ないわけです。

 

話が長くなりましたが、uuumに入る事の最大のデメリットを挙げるとすると、過激と思われる動画が撮影できなくなるという事です。

 

このシバターさんのような動画は一見すると、批判されたり、低評価大量、私生活に影響が出たりと、デメリットばかりにも見えますが唯一のメリットは再生回数の伸びが凄い事です。

この動画なんかが特にそうですが、再生回数の伸びが尋常じゃないです。

 

単なる批判動画とみればアレですが、マーケティングと見れば、成功しているといえるでしょう。

 

このような過激な動画は再生回数が伸びやすい傾向にあるため、収益や知名度が面白い具合に上がります。

 

しかし、uuumでは過激な動画を撮る事が出来ないです。

 

なので、今まで(少しでも)過激と思われる動画や下品な動画を撮って来た人はその方針を切り替えなければなりません。

 

そのため、uuum等のyoutuber専属事務所に入った途端に面白く無くなるというような現象が起こります。

 

また、事務所に入るという事から、今までのびのびとやっていたものが、いきなり会社に入ったように切り替わるため、好きな事ではなく、一つの仕事と考えるようになってしまいます。

(自由に楽しく→商業的な、一つのビジネスとして に変わる)

 

「uuumに入ったらつまらなくなった」というのは恐らくこれらからきているものと思われます。

 

しかし、uuumに入るのはメリットが多い事も事実です。

 

視聴者に対してのメリットが無いのが難点ですが。。

スポンサーリンク


提供が増える

arrows-1574173_640

提供が増えるというのは、youtuberにとってみればお金を比較的安易に稼ぐ事が出来るため、メリットだらけですが、視聴者からして見れば提供動画が増えるというのはデメリットしかありません。

 

それもそのはず、見ていて全く面白く無いからです。

 

はじめしゃちょーさんや他のyoutuberのように工夫して商品紹介すれば面白いかもしれませんが、全員が全員そうではありません。

 

商品紹介する動画ばかりなyoutuber代表として例を挙げるとするならば、HIKAKINさんです。

(言い方が少し悪いですが、そこはご勘弁を)

今では商品紹介だらけでも低評価が少なく、コメント欄が荒れる事も無くなりましたが前は目も当てられないぐらいに酷かったです。

 

ヒカキンさんはbeatboxerとして有名になって、そこから商品紹介で動画を投稿していくスタイルに変えたので、「昔のお前はどこにいったんだ」なんていうコメントだらけでした。

 

ヒカキンさんの商品紹介ばかりでやっていくスタイルというのは、ユーザー(視聴者)からの満足度を得るのは大変でしょうが、それが上手くいった時の安定感はとてつもないでしょう。

 

現に今安定していますね。

 

提供を増やして自分が儲かるのもいいですが、それと同時にユーザーの満足度も高めていく事を意識した方がいいと思われます。

 

(今のyoutuberへのアドバイスみたいになってる・・)

 

※はじめしゃちょーと木下ゆうかさんの関係性についてコチラの記事で語っています

はじめしゃちょーの彼女は木下ゆうかではない!?

報酬の20%を持っていかれる

calculator-428294_640

最後になりましたが、uuumに入ると報酬から20%を差し引かれます。

 

これは、youtuberつまり投稿者だけの問題なので、正直視聴者の方からすれば全く持って関係ない事ですが、将来的にuuumに入りたいという人はこれを頭に入れておいてください。

 

因みにこの時点で対象となる報酬は2段階に分けられます。

  • youtubeで稼いだお金(月)
  • 提供で稼いだお金(その都度)

この2つです。

 

よく分からないと思うので、簡単な例を挙げて説明します。

 

youtubeで月に100万円稼いだら、そこから20%なので20万円持っていかれます。

(ここまでOKですか?)

 

youtubeは月収から引かれますが、提供は違います。

(本当は月収という言い方をしないんですが、月で引かれるのは同じなのであくまでもイメージです)

 

はじめしゃちょーさんが2つの提供(タイアップ)を受けた瞬間に企業の方から広告料として1000万円入ってきました。

 

※因みに、1本のタイアップの値段は500万円です

 

詳細はコチラの動画から

一見すると合計の1000万から引かれるように思われますが、1本のタイアップ値段である500万からそれぞれ20%ずつ引かれます。

 

よって100×2の200万円が差し引かれるわけです。

(1000万から引いても同じなのは気にしないでください笑)

 

 youtubeは月ごと、タイアップは1本1本その都度払うという事を頭に入れておいてもらえればOKです。

 

(完全にyoutuber講座)

※はじめしゃちょーの年収についてはコチラから(タイアップ報酬等具体的に載ってます)

はじめしゃちょーの年収、3億円だってよ

まとめ

はじめしゃちょーの入っているuuumのデメリットについてまとめましたが、視聴者にとってのデメリットばかりというのが特徴的でした。

 

投稿者(youtuber)にとってみればメリットだらけなんですが、youtubeを見ている視聴者にとってのメリットはあまりなかったですね・・

 

uuumに入っても変わらない人は、今まで奇抜な事などをしてこなかった人だと思われます。

(というよりも確実にそう)

 

最後に一言言いたいのは・・・はじめしゃちょーどこいった?

スポンサーリンク